料理/美術/庭food/art/garden

和菓子と季節のお茶

2018.01.25

【和菓子と季節のお茶】
佐々木直喜さんの展示に合わせて、土間の空間ではお菓子とお茶を提供いたします。
お菓子は《なの》さんのつくる椿餅。なのさんのお菓子は優しく繊細でいて凛としている、ご本人がそのまま表れているような佇まいと味わい。大好きです。この機会に是非ご賞味いただければ嬉しく思います。
※入場料に+1000円で和菓子とお抹茶付き
※お菓子はご予約優先、無くなり次第終了とさせていただきます。

なの。nano。
小さな単位を表すnano。
和菓子っていいなと感じてもらえる、
なの単位の小さなきっかけを作ることができたら、という思いで付けた屋号。
京都で、日本の文化史を学ぶうちに、日本の四季や文化が凝縮された和菓子に魅了され、
もっと和菓子の居場所を広げたいと思うように。
季節の気配や名残を感じながら、和歌や俳句とともに、
イベントを中心に茶菓を紹介。

⚫︎椿餅
源氏物語にも出てくる歴史ある菓子。
無農薬無肥料のもち米を、精米して、蒸しを重ねて餅にします。

page top ^